猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

ビル街にたたずむ金刀比羅宮(虎ノ門)の御朱印

  1. 2017/05/23(火) 00:00
  2. 御朱印
ビル街にたたずむ金刀比羅宮(虎ノ門)の御朱印

赤坂と新橋の中間に位置する虎ノ門。駅から歩いてすぐの場所で高層オフィスビルが立ち並ぶ中、突然姿を現すのは金刀比羅宮(ことひらぐう)という神社です。ビルに囲まれていて、昼時にはすぐ隣でランチを販売するワゴン車も停まっています。厳かな神社の雰囲気と現代社会が混ざり合って違和感を感じつつも、気品に満ちています。

金刀比羅宮は1660年に芝・三田の武家屋敷に創建され、1679年に虎ノ門に場所を移しました。第二次世界大戦で焼失しましたが、1951年(昭和26年)に拝殿・幣殿が再建。本殿は1983年に再建されました。

数百年もの歴史を誇る金刀比羅宮ですが、どのような御朱印をいただけるのでしょうか。






烏森神社(新橋)のカラフル御朱印は何度見ても美しい!

  1. 2017/05/21(日) 00:00
  2. 御朱印
【御朱印巡り】烏森神社(東京都港区新橋)の御朱印・初穂料(料金)

神社や寺院などを参拝すると御朱印(ごしゅいん)をもらうことができます。お手持ちの御朱印帳に墨書・押印をしてもらい、御朱印を集めることを集印(しゅういん)と言います。

この御朱印を集める「御朱印ガール」が増えているというメディア放送をキッカケに注目を集め、今では男女問わず多くの参拝者が御朱印を集めています。それまでは御朱印の存在そのものがあまり知られていませんでした。実際に集めてみると神社毎に個性があり、ハマってしまいます。

さて、今回はサラリーマンの街とも呼ばれる東京都港区新橋に鎮座する烏森(からすもり)神社の御朱印をご紹介します。




前のページへ  | トップへ戻る |  次のページへ