猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

「あと30分遅れていたら死んでいた」一命を取り留めた猫が2年後にとんでもない「美ネコ」に!

  1. 2015/07/02(木) 12:00
「あと30分遅れていたら死んでいた」一命を取り留めた猫が2年後にとんでもない「美ネコ」に!
via:news.mynavi.jp

2012年6月、都内のゴミ捨て場で一匹の猫が発見されました。憔悴しきっていていつ命を失ってもおかしくない状態でしたが、病院でなんとか一命を取り留めました。「空」と命名されたこの猫は今は栃木で日々楽しい毎日を過ごしています。

九死に一生を得た「空」ですが、2年後に驚くほどの美ネコになり、話題となりました。2年後の「空」をご覧ください。

スポンサーリンク


「あと30分遅れていたら死んでいた」一命を取り留めた猫が2年後にとんでもない「美ネコ」に!
via:news.mynavi.jp

保護からまだ3日目。全身の汚れが酷かった為、シャンプーをしました。体重は500グラム以下。保護されたばかりの頃は衰弱して危険な状態。人間に対して警戒心が強く、ご飯もなかなか食べてくれませんでした。

「あと30分遅れていたら死んでいた」一命を取り留めた猫が2年後にとんでもない「美ネコ」に!
via:news.mynavi.jp

それから2年後、「空」は当時とは見違えるほど綺麗になりました。毛並みもふわふわ。病院のスタッフや現在の飼い主が愛情をもって接し続け、「空」は幸せな毎日を過ごしています。

「あと30分遅れていたら死んでいた」一命を取り留めた猫が2年後にとんでもない「美ネコ」に!
via:news.mynavi.jp

「空」は助けてもらえたからよかったものの、このような猫は他にもたくさんいるものと思われます。1匹でも多くの猫が救われることを祈るばかりです。
スポンサーリンク

<関連記事>