猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

犬好きはS、猫好きはMが多いことが判明

  1. 2014/07/06(日) 18:00
  2. 動物
犬好きはS、猫好きはMが多いことが判明
引用:www.flickr.com

全国の20~39歳の1,000名(男性500名、女性500名)を対象に犬派と猫派で「S」か「M」どちらが多いのかアンケートが行われました。どのような結果となったのでしょうか。

スポンサーリンク


犬好きはS、猫好きはMが多いことが判明

「自分はSかMかで言うとSだ」というアンケートでは次のような結果となりました。

犬派男性 46.6%
猫派男性 37.1%
犬派女性 33.7%
猫派女性 31.6%

犬派のほうが自分は「S」であると回答した割合が高いという結果となりました。犬派外交的で猫派は内向的と言われていますが、その性格傾向がここでも表れた結果です。
(参考:news.livedoor.com
スポンサーリンク

<関連記事>