猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

犬が5年前に失くしたダイヤモンドの結婚指輪を吐き出す

  1. 2014/07/07(月) 19:00
犬が5年前に失くしたダイヤモンドの結婚指輪を吐き出す
引用:abc13.com

アメリカで驚きのニュースが報じられました。5年前に失くしたダイヤモンドの結婚指輪を飼い犬が吐き出したというニュース。
何が起きたのでしょうか。

スポンサーリンク


犬が5年前に失くしたダイヤモンドの結婚指輪を吐き出す
引用:abc13.com

アメリカ・ウィスコンシン州に住むロイス・マティコウスキーさんは、5年前に大切なダイヤモンドの結婚指輪を失くしてしまいました。部屋中探しまわり、飼い犬のタッカーも疑いフンもチェックしましたが、結局見つからず。
この結婚指輪が5年後、意外なところで見つかることになります。

2014年6月、食いしん坊のタッカーがアイスキャンディーを棒ごと飲み込んでしまい、苦しんでいました。マティコウスキーさんは医師の指示のもと、なんとか棒を吐き出させることに成功しました。
しかし、その2日後、タッカーは再び体調を崩し、吐いてしまいました。マティコウスキーさんが吐しゃ物を片付けようとしたところ、そこに光るものが。なんと5年前に失くした結婚指輪が出てきたのです。

犬が5年前に失くしたダイヤモンドの結婚指輪を吐き出す

結婚指輪が出てきた瞬間は飼い主も驚きのあまり歓喜の叫び。5年間も胃の中にあった結婚指輪がアイスキャンディーをキッカケに見つかるとは。人生何が起きるか分からないものですね。
スポンサーリンク

<関連記事>