猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

「この木なんの木気になる木」ってどこにあるの?

  1. 2015/04/10(金) 18:00
  2. 海外
「この木なんの木気になる木」ってどこにあるの?

「この木なんの木気になる木。名前も知らない木ですから。」

日立のCMで流れているこの曲、誰もが一度は耳にしたことがあるフレーズですね。日本でも一番有名な木の1つですが、一体この木はどこにあるのでしょうか。

スポンサーリンク


「この木なんの木気になる木」ってどこにあるの?

この木は「日立の樹」と呼ばれています。なぜ日立の樹と呼ばれているかというと、その名の通り、日立がこの大樹を広告に使用する権利を持っている為。正式名称はモンキーポッドです。

ちなみに、このモンキーポッドは樹齢130年という歴史ある樹で、高さ25メートル、幅40メートルもある大樹。その存在感は圧巻で、実際にあのCMで多くの人々の関心を引きました。

どこにあるのかというと、なんと日本ではなくハワイ。場所はオアフ島のモアナルア・ガーデンパークという公園で、観光スポットにもなっています。ハワイに旅行に行った際は、チェックしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

<関連記事>