猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

「いただく」と「くださる」の違いとは

  1. 2015/04/14(火) 12:00
  2. 名前・言葉の不思議
「いただく」と「くださる」の違いとは

メールを送る時など「いただく」と「くださる」のどちらを使えばよいか迷ったことはないでしょうか。日本語というのはいろいろと複雑で、言葉の使い方でいつも混乱していまいます。

そんな中、複雑な言葉の1つが「いただく」と「くださる」の使い分け。どのような違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク


「いただく」と「くださる」の違いとは
via:www.flickr.com

それぞれの基本の言葉を知ると、使い分けもある程度楽になります。基本語は「いただく」は「もらう」、「くださる」は「くれる」です。

オモチャをもらった
手伝ってもらった

このように「もらう」は自分側の行為となります。

オモチャをくれた
手伝ってくれた

「私が手伝ってくれた」とは言わないですよね。「Aさんが手伝ってくれた」と、相手側の行為となります。
このように、自分側の行動ならば「いただく」、相手側の行動ならば「くださる」のほうを使います。自分側か相手側かで考えると、どちらを使えばいいかがある程度分かりやすくなりますね。どちらを使っても大丈夫なことも多いとは思いますが、覚えておくとなにか役に立つかもしれませんね。
スポンサーリンク

<関連記事>