猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

ビールが初めて日本に来たのはいつ?

  1. 2015/05/20(水) 15:00
  2. 食べ物
ビールが初めて日本に来たのはいつ?
via:flickr.com

酒といえばビール。飲み会の席では「とりあえずビール」が定番のセリフとなっています。仕事の後のビールはサラリーマンの癒しの一杯となっています。

実は、ビールが初めて日本にやってきたのはかなり昔のことでした。一体、いつビールは日本にやってきたのでしょうか。

スポンサーリンク


ビールが初めて日本に来たのはいつ?
via:flickr.com

ビールが初めて日本にやってきたのは今から150年以上前のこと。1853年、ペリーが来航した際にビール3樽が贈られ、これがビールの日本初上陸でした。

150年以上経たった今、日本人にもっとも愛されているアルコール飲料となったビール。ずいぶんと長い歴史があったわけですね。
スポンサーリンク

<関連記事>