猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

織姫と彦星が離れ離れになった理由

  1. 2015/07/07(火) 12:00
  2. 日常生活
織姫と彦星が離れ離れになった理由
via:flickr.com

7月7日といえば「七夕」の日。短冊に願い事を書いて笹の葉につるすと願いが叶うと言われている日です。また、有名な話としては、織姫と彦星が年に一度だけ会える日ですね。

どこかロマンチックな日でもある七夕ですが、そもそもなぜ織姫と彦星は離れ離れになってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク


織姫と彦星が離れ離れになった理由
via:flickr.com

働き者だった織姫と彦星の結婚


織姫は天帝の娘で、機織りが上手な女性でした。毎日忙しく機織りをしていたと言われています。一方の彦星も真面目で働き者でした。そんな二人は出会って意気投合。結婚して晴れて夫婦となりました。

織姫の父が激怒!


しかしこの結婚で問題が発生しました。結婚して毎日楽しい夫婦生活を過ごしていた織姫と彦星。二人ともあれほど真面目に働いていましたが、夫婦生活が楽しすぎて働かなくなってしまいました。このことに激怒した織姫の父・天帝は二人を天の川を隔てて引き離すことに。年に一度だけ会うことが許されました。

遠距離恋愛の理由が「働かなくなったから」とは、ロマンチックな七夕のイメージが崩れます。天帝もそろそろ許してあげてもよさそうですが、今もまだ年に一度しか会えないとは、これもまた切ない物語ですね。
スポンサーリンク

<関連記事>