FC2ブログ
猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

ひろゆき切り抜き動画を実験的に始めてみました(YouTube初心者がやるべきことは何か?)

  1. 2021/04/19(月) 19:00
  2. IT
ひろゆき切り抜き動画

ひろゆき切り抜き動画を実験的に始めてみました。YouTube動画がどのような過程でアクセスが伸びるのか、または伸びないのか。これを実験して過程などをお伝えしていこうと思っています。

スポンサーリンク



ひろゆきとは?

ひろゆき切り抜き動画

ここ最近「ひろゆき」の切り抜き動画がものすごい勢いで話題になっています。ひろゆきとは、2チャンネルの創設者として知られる西村博之(現在フランス在住)のことで、最近は論破王として歯に衣着せぬ意見が人気です。どんな話題でも的確な回答をするだけでなく、誰が相手でも臆することなく矛盾をついて論破します。

一見超優秀人間のように聞こえますが、実は人間性は真逆。「楽して生きていきたい」「普段怒ることがない」「金持ちなのにまったく無駄遣いしない」などなど、かなりレアなモンスターです。そのキャラクターのせいか、普通の人が言うと大炎上するようなことでも、ひろゆきが言ってもまったく炎上しません。「頭が悪い」「無能」「嘘つくのやめてもらってもいいすか?」とにかくズバズバ言いたいことを言います。

切り抜き動画とは?

ひろゆき切り抜き動画

ひろゆきはYouTubeでちょくちょくライブ配信をしています。1~2時間くらいの配信で、スパチャ(ユーザーからの有料投稿)に答えるという内容ですが、ひろゆきに質問したいユーザーが大勢おり、毎回すごい額のスパチャが飛び交います。

そんなひろゆきのライブ配信を質問単位で区切るなどして、部分的に切り抜いた動画が流行っています。「それ、著作権違反じゃん」と思われるかもしれませんが、ひろゆきはこれに対して黙認という形をとっています。そして、収益化した切り抜き動画はひろゆきと収益折半する仕組となっています。長いライブ配信に対し、切り抜き動画は短くまとめられており、編集者によっては字幕がつけられていてわかりやすく、このことがキッカケでひろゆき動画の人気が日に日に高まりました。結果的に切り抜きが人気になればひろゆき自身のチャンネルも人気となり、相乗効果を生んでいます。

切り抜き動画を始めました

ひろゆき切り抜き動画

切り抜き動画を作成している人は2021年4月時点で、500を超えるとも言われています。「切り抜くだけで楽してお金がもらえる」と考えた人が大勢いるわけです。しかし、そう簡単なものではありません。もう既に切り抜きはレッドオーシャン(ライバルが多すぎる状態)。今から参入してもそもそも動画をアップしても検索で引っかかりすらしません。

そんな中、切り抜きを始めてみることにしました。
▶ひろゆきの時間

切り抜き動画を始めた理由

正直、収益化はどうでもいいんですが、気になったのはYouTubeで切り抜き動画がどう評価され、どうアクセスが伸びていくのかを実験してみたいと思った為です。と言いますのも、マーケティングの業界に身を置いておりまして、単純に知りたいと思った為です。

昔、これとは別のブログ(ディズニーをテーマとした)で実験をしたことがあり、多い時で月間100万PVまでいったことがありました。このことがキッカケでマーケティングの業界に転職することになったのですが、今度はこのYouTubeを題材に実験をしてみようかと思います。まったく自信はありません。

準備~開始

切り抜きには3つの道具が必要になります。

①YouTube動画の抽出
②動画編集ソフト
③画像編集ソフト

①はとりあえずネットで「YouTube ダウンロード」と検索すると使えるWebサイトがたくさん出てくるので、ここでひろゆき動画を抽出します。
②はAdobeのPremiere Pro、③はいったんフリーのGimpを活用します。

そして、4/14に初めて動画をアップしました。
▶ひろゆきの時間

動画編集のポイント

先ほどお話した通り、ひろゆき切り抜き動画に参入しているユーザーは500を超えるレベル。動画はただ切り抜くだけでは到底勝つことはできません。そのため、意識したのは次の点。

①字幕をつける
②タイトルを入れる
③しゃべる内容に補足が必要な場合は補足/または分かりやすいイメージを入れる
④最後に「チャンネル登録お願いします」を入れる

いったんこの4点は入れつつ、動画を作ってみようと思います。いろいろ改善入れつつPDCAまわしていきます。

例)


画像編集(サムネイル作成)のポイント

ひろゆき切り抜き動画

YouTubeで特に大事と言われるのがサムネイル。とりあえずは人気のひろゆき動画に似せて作ってみます。

①短く完結に内容を伝える
②文字は大きめ
③色を3色程使い分ける

この辺はセンスが問われるところですが、センスはないのでとにかく他の動画を参考にといったところでしょうか。

YouTubeの初心者への評価ポイント

YouTubeに動画をあげている人は5万といるので、作ってすぐに他の人にリーチされることはまずありません。そのため、何本か作って再生数がつかずに脱落していく人が多いわけです。やはりせっかく作ったのに見てもらえないと思うと人間モチベーションは続かないものです。

YouTubeは当然、多くのユーザーに多くの動画を見てもらいたいと考えています。そのため、名も知らぬよく分からない素人・初心者が動画をアップしたところで、それを誰かにオススメしてくれるわけではありません。ということを考えると、

①再生数
②高評価率
③離脱率

これらの数値が優秀な動画が評価されるものと考えられます。ところが、初心者YouTuberはそもそもこれら数値がつくキッカケすらありません。これら以外で評価してもらえるポイントは、投稿頻度や投稿数くらいではないでしょうか。とにかく地道に動画をアップしていくこと、これが初心者ができる最低限の努力です。まずは無理のない範囲で1日1本くらいあげてみて様子見といきたいと思います。

初心者ができる集客(再生数アップ)の施策

4/14に初めて動画をアップしました。んまあ想像通り、再生数はほぼつきません。コツコツ動画をアップするだけでなく集客施策も考えないといけません。

①SNS(Twitterなど)
②ブログにリンク張るなど
③その他

やれることとしては、まずは①のTwitterなどのアカウント作ることですかね。ひとまずTwitterアカウント作ってみました。
▶Twitterアカウント

②はこの記事だったり、過去に作ったブログなどにリンク貼ってみます。
③のその他は、極端な話使えるものは何でも使えです。例えば、Yahoo!知恵袋に「ひろゆきさんが〇〇と言っているんですが、どう思いますか?」とか質問しながらリンク貼っちゃうとか、なんでもいいわけです。できることを模索します。

現在の結果

こちらは今後アップデート考えてますが、始めたばかりなので成果という成果はゼロです。何か月か継続しないとそれっぽい数値は出ないんじゃないかなーと思ってます。

ひろゆき切り抜きに限らず、YouTubeで初心者がどういうことをしたらどういう結果があらわれるのか、実験していきたいと思いますのでご参考までに。

2021/4/19更新

スポンサーリンク



<関連記事>


 管理者にだけ表示を許可する