猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

アンパンマンの名犬チーズはばいきんまんの手先だった

  1. 2015/04/01(水) 10:00
  2. 漫画・アニメ
アンパンマンの名犬チーズはばいきんまんの手先だった
via:batabatakosan.blog95.fc2.com

国民的アニメ「アンパンマン」。ジャムおじさんのパン工場で大切に飼われている小型犬といえば、名犬チーズです。

実はチーズは驚くことに、デビュー当時は悪役でした。あのチーズが悪役とは意外すぎますよね。一体、悪役時代のチーズはどんなキャラクターだったのでしょうか。

スポンサーリンク


アンパンマンの名犬チーズはばいきんまんの手先だった
via:omocoro.jp/kiji

チーズがデビューしたのは1982年1月。デビュー当時、なんとチーズはばいきんまんの手先でした。

当時、ばいきんまんは犬嫌いだったアンパンマンに嫌がらせをする為、チーズをアンパンマンの元に送りだしました。ところがチーズはバタコさんになついてしまい、結局ばいきんまんを裏切ることに。実際にチーズがジャムおじさんの元で飼われることになったのは、それから数年後のストーリーでのこと。ある日、森の中で泣いていたチーズをアンパンマンがパン工場へ連れて行き、この時から飼われることになりました。

チーズが悪役だったことは意外。また、アンパンマンが犬嫌いだったということも意外ですね。ちなみに、チーズの名付け親はバタコさん。なにはともあれ、チーズにとって一番心地よい居場所が見つかって良かったですね。
スポンサーリンク

<関連記事>