猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

ジョジョの奇妙な冒険の作者が子供のころに「家族の中で疎外感を抱いていた」理由

  1. 2013/12/22(日) 13:00
  2. 漫画・アニメ
ジョジョの奇妙な冒険の作者が子供のころに「家族の中で疎外感を抱いていた」理由

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者といえば、荒木飛呂彦。
あるインタビューの中で、子供の頃に家族の中で疎外感を抱いていたと語ったことがあります。
なぜ疎外感を感じていたのかというと・・・

スポンサーリンク


実はあまり知られていませんが、荒木飛呂彦には4つ下に双子の妹がいます。
双子の為、妹2人はとても仲が良く、荒木飛呂彦は疎外感を感じ、一人で何かを楽しむことが余計に好きになったとインタビューで語りました。

荒木飛呂彦に双子の妹がいたとは驚きです。

ジョジョの奇妙の冒険の作者が子供のころに「家族の中で疎外感を抱いていた」理由
画像元:galapagosstore.com/web/square/street/2550


スポンサーリンク

<関連記事>