FC2ブログ
猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

犬は生後6ヶ月までは食事を1日3回以上に分けて与えたほうがいい理由

  1. 2013/12/25(水) 15:00
犬は生後6ヶ月までは食事を1日3回以上に分けて与えたほうがいい

犬は生後6ヶ月までの子犬期は少量を何回も与えたほうがいいと言われています。
目安としては、2~6か月までの子犬期は1日3~4回、6ヶ月を過ぎたら2~3回ほどに減らしていきます。
なぜ子犬期は少量を何回も与えるほうがいいのかというと・・・

スポンサーリンク


生後6ヶ月までの幼い犬は胃腸がまだ発達途中の為、少量を3~4回に分けたほうが小さい胃腸に負担が少なくてすみます。
生後6ヶ月を過ぎ、胃腸が丈夫になれば回数を減らしても問題ありません。

適切なエサの与え方で、ワンちゃんの健康的をサポートしましょう。

犬は生後6ヶ月までは食事を1日3回以上に分けて与えたほうがいい
画像元:www.e-koinu.jp/event/free/gazou.html


スポンサーリンク

<関連記事>