猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

小保方晴子研究ユニットリーダーが会見で結構自腹を切っていると話題に

  1. 2014/04/10(木) 21:00
  2. 芸能人・有名人
小保方晴子研究ユニットリーダーが会見で結構自腹を切っていると話題に

STAP細胞で世間から大きな注目を集めている小保方晴子研究ユニットリーダー。
2014年4月9日、ついに会見を開き、STAP細胞について自らの言葉で語りました。

実は会見が行われた大阪市内のホテル内会場の使用料は、小保方晴子本人が自腹を切ったと言われています。
一体、使用料はいくらしたのでしょうか。

スポンサーリンク


会場となった大阪市内のホテル大広間の使用料は3時間で35万5,000円。
さらに、ブランド服を新調したり、巻き髪をセットしたりと、大広間以外にもお金がかかっています。

心身喪失で入院していると報道にありましたが、本当に入院レベルの心身喪失だったらオシャレに気を遣える状態ではないはずのような気も・・・
いずれにせよ、STAP細胞が存在することさえ証明できれば、だいたいの問題は解決しそうな気もするので、早めに検証を進めてほしいものですね。

画像元:www.asahi.com


スポンサーリンク

<関連記事>