猫にとっては不要、でも人間にとってはあると便利なトリビア・雑学などの情報をお届けする「猫に小判」。

YouTubeアニメを始めました

  1. 2022/09/19(月) 18:00
  2. 漫画・アニメ
YouTubeアニメを始めました

YouTubeアニメ「キモカワ部長の”サラリーマンはつらいよ”(仮)」を始めました。

始めたものの正直ベースですべてのスキルがほぼゼロです…どちらかというと、素人がYouTubeでアニメ作って成功する事例になるのか、やはり想定通りボロカスに叩きのめされるだけなのかといったドキュメンタリーとして見ていただければと思っています(どなたかご指南いただきたい)。

スキル経験値
アニメを作った経験☆☆☆☆☆(ゼロ)
イラスト描いた経験☆☆☆☆☆(ゼロ)
お笑いセンス☆☆☆☆☆(ゼロ)
動画を作った経験★★☆☆☆(素人レベル)

この状態からどこまで頑張れるのか、多少検証やスキルアップ含め模索していきたいと思います。

スポンサーリンク



YouTubeアニメをスタート

YouTubeアニメを始めました

YouTubeアニメのタイトルは「キモカワ部長の”サラリーマンはつらいよ”」です。ほぼ何も深く考えず適当につけた名前なので、今後変える可能性は高いです。

キモカワ部長の”サラリーマンはつらいよ”

芸能人ネタなどを中心に作っていく予定ですが、いかんせんスキルがありません。「アニメが作れるようになればいろいろ幅が広がるな」と漠然と考え、スキルを身に着ける為に始めた側面もあります。恐らく、当面はクオリティの低い作品が続く予感はしておりますが、あたたかい目で見守っていただけたらと思っています。

作品例

開設してから3週間ほどでひとまず5本アップしてみました。

作品例)
【アニメ】もし成田悠輔とひろゆきが「コーンフレーク」の漫才したら

【アニメ】総理「検討してまいります」

【アニメ】もしも部下がガーシー(東谷義和)だったら…

本業で活躍しているアニメーターの人達のスキルやセンスには驚かされます。いざ作ってみるとその難しさがよく分かりました。全体構成、登場キャラクター、BGM、声などなど、1つの作品を作るだけでも数多く考えなければならないポイントが出てきます。まだまだスキルはゼロに近い状態ですが、少しずつアニメ作成のスキルをアップしていきたいと思います。

アニメ作成スキルの活用

どちらかというと、「アニメを専門としないビジネスマンがアニメ作れるようになってどうすんの?」という意見のほうが多数派な気がしておりますが、アニメ作成能力はビジネスでも本当に役に立つものだと感じています。

例えば、社内広報であったり、何か新しいシステムを開発・導入した際に主要な使い方の説明をアニメ動画にして配布するなど。在宅勤務が広がる中で動画の需要が非常に高まっている為、動画での表現の幅が広がることは強みになると考えています。

なにはともあれ、楽しみながらゆるくアニメ作成をしていければと思っておりますので、ぜひチャンネル登録等よろしくお願いします。


スポンサーリンク





<関連記事>

スポンサーリンク

スポンサーリンク